仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどに

ケンジ   2017年5月13日   仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどに はコメントを受け付けていません。
私は以前、愛車だった日産エクストレイルを車の買取査定を受

仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。親密な間柄のこととは言え、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、大切な項目だけでも書類にしておくべきです。


念書に残すのを嫌がる相手では、後からいざこざが起きても仕方がないため、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。



故障して動かない車だと買い取りはしてもらえないと思っておられる方がかなり多いですが、動かないような車でも、買い取りを行う業者はあります。


一見、動かない車に価値なんてないように思いますが、動かなくとも価値はちゃんとあるのです。そこに使用される部品は再利用ができるようになっておりますし、車というのは鉄でできているので、もちろん鉄としての価値があります。
アセスメント額が満足でなければ、納得のできる価格、査定金額を出してくれる買い取り、ディーラーを発見するまで出向いてのアセスメントを依頼できます。

しかし、短くない期間に渡って査定ばかり行ってもらっていると、その間に中古車の相場が低下してしまって、結果的には損します。



インターネットなどである程度の相場を知っておき、妥協することが、ポイントかもしれません。
車の査定の仕事をする場合に必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、大型車、小型車の二種類存在しています。

半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格があれば、定められたレベル以上の査定が出来ることが分かってもらえるのではないでしょうか。トラックといえば昔から変わらずホワイトが定番の人気色ですが、それ以外の車種の場合、ホワイト・ブラック・グレー系が査定額が高い人気色です。
良く買われている色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」がかんたん車査定ガイドにおいても査定額に有利に働くという事ですね。
他にも、パール系やメタリック系のカラーの場合は同色でもそれ以外のソリッドカラーよりも査定結果が良くなる傾向があります。



また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。
車の査定をしてもらう前に、車のボディにある傷は直す方がよいのか気がかりですよね。簡単に自分ですぐ直せる程度の小さめの傷なら、直した方がよいと思います。


でも、自分で直せない大きい傷の場合は、修理を頼まずに車の買取、査定をそのまま受けた方がよいのです。
見た目にも古くなってしまった車でも、中古車の扱いに長けた業者であれば、高額での査定が期待できる場合もあります。一例として、メーカーの生産台数が少ない車などは、コレクションの対象としての価値が加わってきます。マイナーな車種が一躍、人気の車種へ変貌するわけです。買取額で1円でも得をしたいなら複数の買取業者の査定額を必ず見比べましょう。それから、車種ごとの買取の相場を自分でもネットで調べておくのもお勧めです。

ごく一般的に事故車とは、交通事故などで傷がついた車の事を言うのですが、これは中古車の査定で使われる定義とは異なります。車買取、査定の意味で言うと、事故が原因として自動車の骨格部分を修理で交換しているか、修復したものの事を事故車と言う風に呼びます。
降雪があった日、車が滑り、前部を電柱にぶつけてしまいました。どうにかエンジンには被害がなかったのですが、そのようなコンディションでも事故車扱いになってしまうでしょう。
フロントのバンパーばかりでなく、前部のフレーム修理を行う必要が生じたため、多額の修理代金が掛かってしまいます。車を高値で売却するコツは、査定のポイントを押さえておくことです。業者が良く見る査定点は、走行距離、年式、排気量、次の車検までの期間が該当します。



他には、傷の有無や、車内の状態がそうですね。見落としがちですが、新車種の発表後やモデルチェンジ前など、車の市場が大きく変わるタイミングも買取価格が上がります。こうした時期に同時査定を受けて業者の査定額を比較検討し、査定前に洗車や掃除をきちんと行い、綺麗にしておく事が車を高く売るためのポイントだと言えますね。